イヤーモニター製作例紹介

久しぶりの更新となってしまいました。
やっぱり筆不精ですねぇ(笑)。
最初にお知らせですが、ようやく香川の補聴器センター辻 観音寺店へ試聴器の発送が完了しました。これでCW-L05QDを聴けるお店はeイヤホン秋葉原店フジヤエービック東京ヒアリングケアセンター青山店eイヤホン大阪日本橋本店、そして補聴器センター辻 観音寺店の5店舗になります。いずれのお店も聴いて購入することが出来ますのでご利用ください。
東京ヒアリングケアセンター青山店と補聴器センター辻 観音寺店は耳型採取提携店でもありますから耳型も一緒に採ることが出来ます。
観音寺店へは今回CW-L11の試聴器も配布しましたのでこちらもチェックしてみてくださいね。
ついでに最近の試聴器をご紹介すると、こんなかんじ。
13030811.jpg
左上からCW-L11、CW-L31、CW-L01P、CW-L01、CW-L05QDですが、みんな同じ形になりました。じつはこれでも同じ形状になってから3,4回マイナーチェンジをしています。試聴の際はフェイスプレートのラベルで見分けてくださいね。試聴器は前述の販売店以外に貸し出しサービスもありますので、こちらもご利用ください。

さて、本題のイヤーモニター製作例紹介をしましょう。
13030801.jpg
ベースモデルがCW-L51PSTS、シェルがスモーク、フェイスプレートがブラック、ゴールドのオリジナルエンブレムになります。オリジナルエンブレムは画像の構成要素がすべて繋がっている必要があります。製作時バラバラになってしまうんですね。それと、線があまり細いと無くなってしまいます。このお客様も何度かメールでやり取りをして、画像を用意していただきました。トロンボーンは上向きに角度が付いていますが、ヘアラインの向きはトランペットと合わせてあります。この辺りもきめ細かく対応しています。

13030802.jpg
こちらはブラウンのシェルにホワイトのフェイスプレート、プリントアートワークのスペシャルフィニッシュです。ブラウンの製作例は非常に少ないですね。フェイスプレートカラーとのコンビネーションで個性を演出できます。

13030803.jpg
これもパステルグリーンのシェルにホワイトのフェイスプレート、プリントアートワークのスペシャルフィニッシュです。CWのロゴもお客様の会社のロゴと色を合わせるために通常のエンブレムではなくプリントアートワークで実現しています。

13030808.jpg
こちらはスモークのシェルにブラックのフェイスプレート、オリジナルエンブレムにシルバーのグリッターを散らしています。雪の結晶の形のエンブレムはヘアラインが施されているので、角度によって光り方が変わります。
素材はまた見直しまして、現在は洋銀を使っています。アルミより少し渋めですが、ステンレスより明るい色味です。

13030809.jpg
カナルワークスでは裏メニュー(笑)も対応しています。こちらのお客様は左側のみのイヤーモニターをご希望で、製作させていただきました。ケーブルもワンオフでの製作です。プラグはモノラルですね。モノラルプラグのばあい先端は左のチャンネルになるので、ステレオのイヤホンジャックに接続すると、左の音だけが出力されることになります。

13030810.jpg
そして、パールのシェル、ブラックのフェイスプレート、シルバーのメタルプレートにゴールドのCWエンブレムの製作例です。パールは光り方がきれいですね。メタルプレートを入れるとフェイスプレートの色はエッジしか見えなくなりますが、あえて色を変えることでシャープな印象になるんですね。個性が有ってカッコ良かったですよ。CWのエンブレムは無料ですが、メタルプレートと同じカラーを選択しても光線の加減でロゴが浮き上がって光ります。こちらもお勧めです。

以上製作例のご紹介でした。

スポンサーサイト
Date: 2013.03.08 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

CWKAZU

Author:CWKAZU
カナルワークスイヤホン工房ブログへようこそ!
このブログではホームページよりタイムリーに(たぶんw)、ディープにカナルワークスカスタムイヤホンの開発現場から最新の情報をお届けしていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナルワークスについて
10080909.jpg 10080910.jpg カナルワークスは100%オーダーメイドのイヤホンを製作、販売する日本発のメーカーです。イン・イヤー・モニターとか、イヤモニとかカスタムイヤホンとか呼んだりもします。よく音楽番組でアーティストの方が耳につけているアレですね。 実はそのままiPodなどの音楽プレーヤーやケータイに接続することが出来、普通の市販イヤホンとは比較にならない位良い音で音楽を楽しむことが出来ます。
イヤホンってなかなか耳にしっくり合わなかったり音もイマイチだったりであまり多くを期待しない方がいらっしゃると思いますが、こんな商品があるんだということを知っていただけたら幸いです。カナルワークスホームページへ

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる