明日からInter BEE2012(放送機器展)に出展します

ヘッドホン祭が終わって一息つけるかと言うとなかなかそうもならず(笑)、相変わらず歌って踊れる(何でもやるっていう意味w)経営者です。
さて、今年から初めてInter BEE2012(国際放送機器展)に出展します。これはどちらかと言うとBtoBの展示会ですね。これに合わせて今回業務用のラインナップをご用意し、昨日発表させていただきました。
AV Watch: カナルワークス、カスタムイヤモニターの業務用モデル
ボーカル/エンジニア用など6種類。2台セットも


ファイル・ウェブ: カナルワークス、業務用カスタムイヤーモニターを展開開始

CNET JAPAN: カスタムイヤホンのカナルワークスが業務用モデル発売へ

ITmedia LifeStyle: カナルワークス、5万1800円からの業務用カスタムイヤーモニター

今までのCW-Lシリーズに代わって、CW-Mシリーズとなります。
「L」はListeningのL、「M」はMonitoringのMですね。
LシリーズとMシリーズのベースは今のところ一緒です。
ベースモデルはCW-Mシリーズが6モデルになり、Lと比較して1モデル減ります。CW-L01は感度が低くヘッドホンアンプとの併用が推奨なので、リスニング専用になります。
12111301.jpg

現状のLとMの違いは選択オプションの違いですね。
業務用ではボーカル用やエンジニア用など、用途に合わせてシェルの仕様を選択できます。また、付属品で、Lシリーズはクリップがオプションでしたが、Mシリーズでは標準でクリップが2個付き、襟元と、腰の2か所でケーブルの固定が出来ます。(この差が価格の差ですね。)
この他、出張耳型採取のサービスが有ったり業務用に特化した構成になっています。
CW-Mシリーズにはこのベースモデルにそれぞれバックアップ付きモデル(TWIN MODEL)があります。
12111302.jpg
プロの現場では、ケーブルの断線や、本体の破損などのトラブルが起きた時に速やかに対応する必要があります。場合によっては曲の合間に対応しなければならないこともあります。こういう時のためにもう一台バックアップセットを用意しておくと安心なわけです。TWIN MODELはイヤーモニターが2セット付いたお買い得モデルで、2個目が2割引きで購入できるイメージです。なんだか紳士服の○○○みたいですね(笑)。
 業務用モデルの取り扱いは直販のみとなります。これは、現場の声を直接受けて商品をお客様毎にカスタマイズしたり、改良したりといったフィードバックのアクションをスピーディーに取るためです。
購入は直接カナルワークスにお問い合わせいただくか、オンラインショップで購入できます。
「え?、じゃ、誰でも購入できるの?」と思うかもしれませんね。誰でも購入できます(笑)。音楽に携わる方に手軽に利用していただきたいので、特に分け隔ては有りません。
もっとも現状ではベースが同じなので、それぞれ用途に合ったものをお買い求めいただくので良いと思います。
ではでは業務用、民生用ともよろしくお願い致しますm(_ _)m
スポンサーサイト
Date: 2012.11.13 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

CWKAZU

Author:CWKAZU
カナルワークスイヤホン工房ブログへようこそ!
このブログではホームページよりタイムリーに(たぶんw)、ディープにカナルワークスカスタムイヤホンの開発現場から最新の情報をお届けしていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナルワークスについて
10080909.jpg 10080910.jpg カナルワークスは100%オーダーメイドのイヤホンを製作、販売する日本発のメーカーです。イン・イヤー・モニターとか、イヤモニとかカスタムイヤホンとか呼んだりもします。よく音楽番組でアーティストの方が耳につけているアレですね。 実はそのままiPodなどの音楽プレーヤーやケータイに接続することが出来、普通の市販イヤホンとは比較にならない位良い音で音楽を楽しむことが出来ます。
イヤホンってなかなか耳にしっくり合わなかったり音もイマイチだったりであまり多くを期待しない方がいらっしゃると思いますが、こんな商品があるんだということを知っていただけたら幸いです。カナルワークスホームページへ

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる