秋の新商品CW-L05QD発表しました

毎年春と秋に新商品をリリースしているカナルワークスですが、今秋の新商品を昨日発表しました。

BARKS  カナルワークス、新モデルは未曾有のフルレンジ4ドライバ
AV Watch  カナルワークス、フルレンジ4基のカスタムイヤフォン 99,800円~。ヘッドフォン祭や音展で試聴可能
Phile Web  カナルワークス、4基のフルレンジBAドライバー搭載カスタムイヤホン
12101202.jpg
型番はCW-L05QDでフルレンジが4発入った今までに無い構成です。
ベースとなったのは当社のフルレンジシングルドライバのCW-L01というモデル。このモデルはフルレンジながらワイドレンジで低域から広域まできれいに鳴らし、マルチドライバモデルにはないフルレンジならではのナチュラルなサウンドが魅力です。弱みはひとつ、感度が低いんです。ポータブルアンプをお使いの方はほとんど問題ないと思いますが、プレーヤーに直に接続される場合、ボリューム位置がフルボリューム近くでちょうど良いくらいの音量になります。ということで、フルレンジ派のお客様に向けて、帯域も感度も両立した最高の商品を提供しようと開発した次第です。CW-L01と同じドライバを4発入れることで感度は理論的に4倍(12dB)になります。これで概ね一般的なイヤホンと同じくらいの感度ですね。実際にはちょっと低めですが実用上問題ないと思います。4発入れることで、感度が上がるだけでなく、同じ音圧を出すためのドライバの振幅は4発の方がひとつ辺り4分の1で済むので、ひずみも少なくなります。音質についてはチューニングで結構変わるのですが、今回はCW-L01と同じくフルレンジの良さをより引き出す方向で、CW-L01よりさらにきめ細かいチューニングを施しました。イコライザもCW-L01では抵抗1本でしたが、さらに抵抗1本とコンデンサを追加しています。コンデンサはカナルワークスでは他のモデルを含めてオーディオ用のフィルムコンデンサを使用しています。この辺は元オーディオメーカに勤めていた者としてのこだわりですね。音の傾向はとてもナチュラルなイメージで、「きれいな音」「実在感のある音」「聴きやすい」「楽に鳴らしている感じ」「生々しい音」などの有識者の感想をもらっています。もうひとつ、これは私の感想ですが、音像がCW-L01と比べて目の前に降りてきた感じがします。ただ、これは個人差が有るかもしれません。オーディオ・ホームシアター展と秋のヘッドホン祭で試聴器をご用意しますので、ぜひ聴いてみてくださいね。
 あと、ニュースリリースではさらっと流れていますが、納期が11月より1週間短縮されて、製作開始から約3週間で発送となります。ただ、アートワークなどのスペシャルフィニッシュがはいるとやっぱり4週間になってしまいますね。これからも引き続きさらに早くお届けできるよう努力したいと思います。

最後にイヤホンネタでは有りませんが、前回台風で家のフェンスが飛ばされたお話をしましたので、その後の顛末を(笑)。
12101201.jpg
はい、元通りに直しました。
もうラティスの同じパーツが売っていないんですよね。
格子のパーツから作らなければならなかったので、苦労してしまいました。
DIYもほどほどにしないと後で苦労しますね(^^;)。
スポンサーサイト
Date: 2012.10.12 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

CWKAZU

Author:CWKAZU
カナルワークスイヤホン工房ブログへようこそ!
このブログではホームページよりタイムリーに(たぶんw)、ディープにカナルワークスカスタムイヤホンの開発現場から最新の情報をお届けしていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナルワークスについて
10080909.jpg 10080910.jpg カナルワークスは100%オーダーメイドのイヤホンを製作、販売する日本発のメーカーです。イン・イヤー・モニターとか、イヤモニとかカスタムイヤホンとか呼んだりもします。よく音楽番組でアーティストの方が耳につけているアレですね。 実はそのままiPodなどの音楽プレーヤーやケータイに接続することが出来、普通の市販イヤホンとは比較にならない位良い音で音楽を楽しむことが出来ます。
イヤホンってなかなか耳にしっくり合わなかったり音もイマイチだったりであまり多くを期待しない方がいらっしゃると思いますが、こんな商品があるんだということを知っていただけたら幸いです。カナルワークスホームページへ

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる