ステルスケーブルの試作サンプルが入りました

6月生産分より全モデル新仕様ケーブルを導入しまして、ご好評いただいています。
13062101.jpg
で、これはこれとして、もう一種類導入を検討しているケーブルがあります。
昨日、お願いしていた試作サンプルが上がってきました。
13081001.jpg
13081002.jpg
現在開発中の、うそぉーって位細いステルスケーブルです。
こんなに細いのに片側あたり42本の撚り線(よりせん)構造なので、とても丈夫。しかもアラミド繊維を芯にしたスパイラル構造だから引張り強度もスゴイんです。
導線には銀コート線を使用して音質対応もバッチリ。
ノーマルケーブルと比較するとこっちのほうが輪郭がカッチリした感じ。
ポタアンとの相性で選ぶのも良いのではないですかね。
耳に掛かる部分にはカーリング処理を施しているので、フィット感もイイ感じです。
コネクタ部分はノーマルケーブルとコンパチなので、イヤモニの本体ソケットが凹型でもフラット型でも
取り付け可能です。
メインの用途なんですが、これはズバリ、ステージ用です。
ケーブルの被覆がクリアなこともあって、装着するとホントに目立ちません。
でも電車で着けていると逆に目立つかも(笑)。
これは新しい感覚ですね。
これからフィールドテストをして導入を目指したいと思います。

スポンサーサイト
Date: 2013.08.10 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

CWKAZU

Author:CWKAZU
カナルワークスイヤホン工房ブログへようこそ!
このブログではホームページよりタイムリーに(たぶんw)、ディープにカナルワークスカスタムイヤホンの開発現場から最新の情報をお届けしていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナルワークスについて
10080909.jpg 10080910.jpg カナルワークスは100%オーダーメイドのイヤホンを製作、販売する日本発のメーカーです。イン・イヤー・モニターとか、イヤモニとかカスタムイヤホンとか呼んだりもします。よく音楽番組でアーティストの方が耳につけているアレですね。 実はそのままiPodなどの音楽プレーヤーやケータイに接続することが出来、普通の市販イヤホンとは比較にならない位良い音で音楽を楽しむことが出来ます。
イヤホンってなかなか耳にしっくり合わなかったり音もイマイチだったりであまり多くを期待しない方がいらっしゃると思いますが、こんな商品があるんだということを知っていただけたら幸いです。カナルワークスホームページへ

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる