イヤモニの新ケーブルは4種類

すでにヘッドホン祭、ポタフェスでカナルワークスのイヤーモニターケーブルが新仕様になることはお知らせしましたが、イベントのタイミングではクリアしか出来上がっていなかったので、ご覧いただけませんでした。こんな感じで出来上がっています。
クリア127cm、クリア162cm、ブラック127cm、ブラック162cmの合計4種類です。
13062101.jpg
イヤホンと接続されるコネクタもケーブルの色に合わせてブラック、クリアになっています。メモリーワイヤーの入っている部分の被覆はどちらもクリアですね。コネクタ部分には右用には「赤」、左用には「青」のマーキングが付いています。イヤモニ本体のドットと位置を合わせて取り付けます。
ケーブルの仕様によってはY型の接点の部分からミニプラグの部分でGNDラインが左右共通になっているものが有りますが、カナルワークスのケーブルは旧タイプを含め左右の「+」と「-」のラインがミニプラグの根元まで左右独立になっています。これによって左右の共通インピーダンスを減らすことが出来、チャンネルセパレーションが良くなるので、音場感が改善されると思います。また、バランス型の対応もプラグを交換するだけで行えますね。現在はバランス型のイヤホンケーブルはレギュラーラインで用意していませんが、ご要望が有りましたらお作りしますので、お問い合わせからご相談ください。


スポンサーサイト
Date: 2013.06.21 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

CWKAZU

Author:CWKAZU
カナルワークスイヤホン工房ブログへようこそ!
このブログではホームページよりタイムリーに(たぶんw)、ディープにカナルワークスカスタムイヤホンの開発現場から最新の情報をお届けしていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナルワークスについて
10080909.jpg 10080910.jpg カナルワークスは100%オーダーメイドのイヤホンを製作、販売する日本発のメーカーです。イン・イヤー・モニターとか、イヤモニとかカスタムイヤホンとか呼んだりもします。よく音楽番組でアーティストの方が耳につけているアレですね。 実はそのままiPodなどの音楽プレーヤーやケータイに接続することが出来、普通の市販イヤホンとは比較にならない位良い音で音楽を楽しむことが出来ます。
イヤホンってなかなか耳にしっくり合わなかったり音もイマイチだったりであまり多くを期待しない方がいらっしゃると思いますが、こんな商品があるんだということを知っていただけたら幸いです。カナルワークスホームページへ

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる