EngadgetにカナルワークスCW-L02が紹介されました。

この週末はヘッドホン祭で盛り上がってきました。
おかげさまでクタクタです(笑)。
会場ではたくさんのお客様にご試聴いただき、また多くのご意見をいただきとても参考になりました。
今後もさらにブラッシュアップしていきますので、ご期待ください。
さて、25日に受注開始しましたCW-L02ですが、Engadgetに紹介していただきましたので、
ご覧ください。
「カナルワークスのカスタムイヤホン CW-L02、原点回帰のシングル バランス・ド・アーマチュア搭載」

もう一点、話が途中になっていました試聴機ですが、新タイプがようやく出来上がりました。
14102701.jpg
14102702.jpg
今までの試聴機より薄くなり、最終的なカスタムIEMの形状に近くなりました。これはCW-L51aですが、他のモデルも同じ形状に順次切り替えていきます。

引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
Date: 2014.10.27 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

カナルワークス新モデルCW-L02発表しました

先日はモザイクな画像で申し訳ありませんでしたm(_ _)m
14101801.jpg
新モデルはフルレンジシングルドライバのCW-L02です。
フルレンジシングルドライバのモデルにはCW-L01とCW-L01Pが有りましたが、CW-L02はCW-L01Pの後継モデルです。
高域の特性が改善されています。
詳しくは以下のサイトをチェックしてくださいね。

AVウォッチ:カナルワークス、フルレンジBAをワイドレンジ化した48,000円のイヤモニター
BARKS:カナルワークス、CW-L02を発表
Phile-web:カナルワークス、ワイドレンジ化したシングルBAイヤモニ「CW-L02」

CW-L01は継続販売になります。
CW-L01の方がより繊細な音に対して、CW-L02はダイナミックな出音なので、今まで同様、クラシック系を聴かれるのであればCW-L01、ポップス系を聴かれるのであればCW-L02がお勧めです。
ちなみにCW-L01については感度が低いので、普通のプレーヤーですとボリュームを最大近くまで上げないと適度な音量にならないと思います。ポタアンと組み合わせるのが良いですね。
今回のCW-L02完成サンプルの仕様は以下の通りです。
シェル:クリア
フェイスプレート:クリア
スペシャルフィニッシュ:グリッターシルバー多め(+1000円税別)
エンブレム:CWブラック(+1000円税別)
付属ケーブル:標準ケーブル127cmクリア
14101802.jpg
付属品について最近クリーニングクロスの仕様が変更で白になりました。
素材も織目が細かくなったので、よりきれいに拭き取れると思います。

25日、26日中野で開催のヘッドホン祭にて試聴できますので、ぜひお越しください。

さて、これから試聴器製作の続きをやりまーす。

Date: 2014.10.18 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

BARKSにCW-L71レビューが掲載されました

音楽情報ポータルサイトのBARKSにCW-L71のレビューが掲載されました。
【BARKS編集部レビュー】世界を牽引する高品質、カナルワークスCW-L71PSTSの機微
ご購入検討の方は是非参考にしてくださいね。
ちなみにここで紹介されているモデルのフェイスプレート仕様はブラック+ホログラムグリッター多めです。
カッコいいですねー。
PSTS(パーソナル・サウンド・チューニング・システム)はCW-L51aにて搭載時当初「ちょっとマニアックすぎない?」とも思いましたが、結局のところ、かなり高い割合でPSTSをご選択いただいています。
展示会などで良く聞く質問の一つに「部品が外れてしまったりしませんか?」というのが有りますが、部品の足が5mmぐらいしっかり刺さって留まっているので、日常の使用で外れることはまずないと思います。一方、交換時は部品(抵抗)を爪先でつまんでまっすぐに引っ張れば容易に外すことができます。
合わせてご検討ください。
なお、PSTSはメタルプレートと同時に選択することはできません。
一度だけどうしてもとお願いされ製作したことが有りますが(^^;)、PSTSのソケット位置とメタルプレートの穴あけ位置を画像アプリで合わせながら製作しなければならずチョー面倒なので、ご容赦くださいm(_ _)m。
ついでにお話ししておくと、前述の様な本来の仕様に無いご注文も内容によっては承っています。
まぁ、裏メニューですね(笑)。ケーブルのバランスプラグ(2.5mmミニ、3.5mmミニ、角型タイプ、丸型タイプ)への改造や、延長ケーブルの製作、メタルプレートとアートワークの組み合わせなど、こんなこと出来ないかなということはとりあえずご相談ください。
 さて、そろそろ秋の秋のヘッドホン祭が近づいてまいりました。
もちろんカナルワークスも出展します。
今回はまだ発表していませんが、新商品の発売(注文受け付け開始)を開催日に合わせて予定しています。
完成サンプルはこんな感じ。
CW-LNEW.jpg
すみません、もう少し待ってください(^^)
楽しみにしていてくださいね。
当日会場限定で、この新商品も含め特価販売を予定しています。
詳細はまだ発表されていない様ですが、先ほどのフジヤエービックの特設サイトをチェックしてください。

ではではよろしくお願いします。
Date: 2014.10.14 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

CWKAZU

Author:CWKAZU
カナルワークスイヤホン工房ブログへようこそ!
このブログではホームページよりタイムリーに(たぶんw)、ディープにカナルワークスカスタムイヤホンの開発現場から最新の情報をお届けしていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナルワークスについて
10080909.jpg 10080910.jpg カナルワークスは100%オーダーメイドのイヤホンを製作、販売する日本発のメーカーです。イン・イヤー・モニターとか、イヤモニとかカスタムイヤホンとか呼んだりもします。よく音楽番組でアーティストの方が耳につけているアレですね。 実はそのままiPodなどの音楽プレーヤーやケータイに接続することが出来、普通の市販イヤホンとは比較にならない位良い音で音楽を楽しむことが出来ます。
イヤホンってなかなか耳にしっくり合わなかったり音もイマイチだったりであまり多くを期待しない方がいらっしゃると思いますが、こんな商品があるんだということを知っていただけたら幸いです。カナルワークスホームページへ

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる