カナルワークスとヘッドホン祭がテレ玉で紹介されます

金環日食ご覧になられましたか。
5月21日の埼玉の予報は曇りでしたので、メガネは買わずに諦めていたのですが、朝起きてみるとカラッと晴れているじゃないですか(笑)。
慌てて近所のコンビニを回るもののどこも売り切れで(汗)。
急遽家にあったキッチンアルミシート(ダイソー)のあまりを3枚重ねでなんとか間に合わせました。
こんなにきれいな金環日食を観ることが出来るのは私の残りの人生では無いでしょうね(笑)。
写真も撮りましたよ。
こんな感じ。
12052101.jpg
やっぱり生で観るのが一番ですね(笑)。

さて、実を言いますとカナルワークスがテレビで取り上げられます。
いやぁ、書こうかどうか迷ったのですが(迷うなー!w)、せっかく取材をしてくださるのですから、広くお知らせしようと思いなおしました(笑)。

放送局:テレ玉
番組名:「埼玉ビジネスウォッチ
放送日:5月26日22:00~22:30
再放送5月27日11:30~12:00
内容:ウォッチリポートのコーナーで オーダーメードのステレオイヤフォン(カスタムIEM)を作っている所沢の「カナルワークス」を特集

既に、先日の春のヘッドホン祭で会場を取材されているようでした。
カナルワークスの取材は明日なので、まだどうなるのかわかりませんが、
お時間ありましたら是非ご覧ください。

それにしても苦手なんですよねー、こういうの(^^;)。
スポンサーサイト
Date: 2012.05.21 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

イヤーモニター製作例紹介

先週はヘッドホン祭へのお越しありがとうございました。
たまに終日立つのは大変ですね。
年のせいもあって終了後2,3日は夜中に足がつりそうでした(笑)。
当日は新商品のCW-L51他、多くのお客様に試聴していただきました。
パーソナル・サウンド・チューニング・システムについても多くのお客様にご意見をいただきました。
ちょっと、フェイスプレートの上にドンと部品が張り付いているのはやはりちょっと引いてしまうお客様もいらっしゃるようですが(^^;)、「実際体験してみて、なるほどねと納得した」というお声もいただきました。まぁ、あくまでオプションですので、お好みでご選択くださいね。
今回いただいたご感想を受けて、製作開始まで少し時間がある(部品入荷の都合で6月中旬製作開始です)ので、CW-L51はスタンダードセッティング含めてもう少し調整しようと思います。

さて、少しサボっていました製作例のご紹介を。
12051802.jpg
こちらのフェイスプレートはネオンブルーです。今回ホロのグリッターをエンブレムにだけ散らすご注文が初めてでしたので、ご紹介です。グリッターはゴールド、シルバー、ホログラフの3種類ご用意していますが、ホログラフのグリッターは基材が透明フィルムで光の具合で七色に光るタイプです。光り方としては少しおとなしめかもしれませんね。ホロをフェイスプレート全体に思いっきり散らすのも、また別の表情になって面白いですよ。
12051801.jpg
こちらはスモークのシェルにマリンブルーのフェイスプレート、メタルプレートのネガ抜きからマリンブルーがのぞいています。通常メタルプレートを入れる場合、フェイスプレートは樹脂の見える部分が少ないので、シェルと同じ色をお勧めしていますが、こういう見せ方もあるんですね。
12051803.jpg
ラインストーンもやっています。シェルはパール、ラインストーンはスワロフスキーのクリスタルSS7サイズになります。ちなみにフェイスプレートのカラーもパールですが、見えませんね(笑)。
12051804.jpg
こちらはパステルピンクのフェイスプレートにプリントアートワークを施した例です。このお客様より、プリンターと製作プロセスを変更しました。以前は光線の具合で、フィルムの輪郭が見えてしまっていたのですが、新プロセスではほぼわからないと思います。フェイスプレート色が透ける度合いも少なくなりました。解像度も上がっています。
12051805.jpg
こちらもプリントアートワークの製作例です。シェルはダークパープル、フェイスプレートはパールになります。
紫系の発色はパソコン画面ではわかりずらいですね。私の画面では実際より、青みがかって見えています。

「こんなの出来る?」というご相談にも乗れますので、お気軽にご連絡ください。
ではでは。
Date: 2012.05.18 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

05/13のツイートまとめ

canalworks

@arikawakoba お疲れ様でした。ありがとうございますー。
05-13 13:16

昨日はカナルワークスのブースへお越しいただきありがとうございました。前日までのあわただしい準備もあって、終了後帰宅して、死んだ様に寝てしまいました(^^;)
05-13 12:33

Date: 2012.05.14 Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)

いよいよ明日春のヘッドホン祭ですよー!会場限定の特典あります!!

いよいよ明日に迫りました「春のヘッドホン祭2012」!!
カナルワークスでは春の新商品3ウェイ6ドライバのカスタムイヤーモニターCW-L51をご用意してお待ちしています。
そういえば試聴器のご紹介が漏れていました。
こんな感じ。
12051102.jpg
パーソナル・サウンド・チューニング・システム(PSTS)も搭載していますので、混みあっていなければいくつか部品を交換して聴いていただけると思います。まぁ、試聴器なので、カスタムと同じにはなりませんが、雰囲気を味わっていただければと思います。

さて、ヘッドホン祭ご来場のお客様への特典ですが、前回予告しました通り5,000円のキャッシュバッククーポンを開催日当日から14日までにカナルワークスのイヤホンをご注文いただけるお客様に差し上げます。
コレですね。
12051101.jpg
対象機種は全モデルですが、ごめんなさい、CW-L01とCW-L01Pは3,000円のキャッシュバックとなりますm(_ _)m。
少しご説明を。
手順は
1.耳型採取の当日予約を入れる。
2.徒歩1分の提携店で耳型採取を行う。
3.カナルワークスのブースでクーポン券をもらう。
4.取扱店またはオンラインショップで注文する。
5.商品が届いたらクーポン券をカナルワークスへ送る。
6.銀行振り込みでキャッシュバックを受ける。
です。
これまでは会場でお申し込みを受け付けていましたが、今回は会場での販売は行いません。ご購入のお申し込みは取り扱い店(中野のフジヤエービックさん等ですね。)またはカナルワークスのオンラインショップでお願いします。
ご注文には耳型が必要ですが、カナルワークスの提携店、東京ヒアリングケアセンター青山店が会場から徒歩1分のところにありますので、当日そちらで採取いただけます。耳型採取をご希望の方はカナルワークスのブースでもご案内しますが、予め電話で「カナルワークスのカスタムイヤホンを作りたいので、耳型採取の時間予約を取りたい」とお伝えください。今回は便宜上、耳型の採取をご購入のオプション扱いではなくお持ち込み扱いとしますので、提携店で採取時に代金(5,250円)をお支払いいただき、耳型はその場でお客様に引き渡します。
それを持って取り扱い店へお越しいただき、お申し込み下さいね。オンラインショップでご購入予定のお客様はカナルワークスのブースで耳型をお預かりします。ご自宅に戻ってからパソコンで、または帰り道にスマホでお申し込みください。
クーポン券はお持ちの耳型を拝見させていただいた時に差し上げます。
別のところで耳型採取をご希望のお客様は一言おっしゃっていただければクーポン券を差し上げます。
クーポン券は商品が届いてからカナルワークスへお送りください。到着後1週間ほどで、お客様指定の口座に振り込ませていただきます。

それでは、カナルワークスのブースへのお越しをお待ちしています。
Date: 2012.05.11 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)

春の新商品CW-L51はヘッドホン祭でごらんください

前回お話しした新商品ですが、昨日、ニュースリリースを出させていただきました。
型番はCW-L51になりました。3ウェイ6ドライバでカナルワークスとしては最上位モデルになります。
価格は99,800円になります。
12051001.jpg

残念ながらカナルワークスホームページのニュースリリースが間に合っていません(汗)ので、
こちらの記事を参照してくださいね。

ミュージック エンタテインメント サイト バークス
「カナルワークスから、サウンドまでもカスタム可能な画期的カスタムIEMモデル登場」

インプレス AVウォッチ
「カナルワークス、3ウェイ6ドライバのカスタムイヤフォン-99,800円~。露出した抵抗の交換で音質チューニング」

オーディオビジュアルのポータルサイト ファイル・ウェブ
「カナルワークス、3ウェイ6ドライバーのカスタムBAイヤホンを発売」

今回、このCW-L51専用に用意したオプションが「パーソナル・サウンド・チューニング・システム」(長いw!)。略してPSTSになりますが、簡単に言うとオーディオネットワーク回路の一部を外付けにしてユーザーが部品を変えることにより好みのサウンドにチューニング出来るというものです。
12051002.jpg
この部品の交換で低域の量感から中域の張り具合が変化します。
試聴器と出来上がったカスタムイヤホンとではどうしてもその構造の違いから全く同じ音にはなりません。特に、試聴器のイヤーピースの気密性能、遮音性能により、低域のイメージはなかなか再現しにくく評価が難しいところです。PSTSであれば最後のチューンは自分の好みの音楽でベストセッティングに合わせられます。
部品はオプションに付属してまして、ジャンパー線、抵抗合わせて12種類から交換して聴くことが出来ます。
12051004.jpg
ちなみにこの抵抗という部品にはカラーコードという表示が付いていまして、色の組み合わせでその値がいくつになるか、わかるようになっています。
例えば今本体に付いている抵抗は「赤、赤、黒、金」なので、22オームといった感じ。
ジャンパー線は0オームですね。

チューニングが決まったらそのままの状態でお使いいただいても良いですが、別に「コーティングサービス」というのも用意しています。
12051003.jpg
このサービスで抵抗はコネクタにしっかりとはんだ付けされ、部品全体をクリアUV樹脂でコーティングします。結構美しい感じなのですが、なかなかこの「トロッ」とした感じは写真では伝わりにくいですね。ヘッドホン祭でサンプルをご用意していますので、ぜひ実際にご覧になってください。

発売(受注開始)はヘッドホン祭当日の5月12日からになります。当日会場にお越しいただいただいたお客様にはカナルワークスのオンラインショップで使える5,000円の割引クーポンを差し上げる予定です。
販売店でお求めのお客様はカナルワークスへクーポン券をお送りください。指定口座へキャッシュバックします。
詳しくは当日会場でお問い合わせください。
この機会にぜひ購入をご検討ください。

あと、一点お詫びです。開発が遅れた影響で、生産の開始は6月中旬になり、お届けは7月中旬になります。

ではでは、12日に会場でお待ちしています。
Date: 2012.05.10 Category: インイヤーモニター Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

CWKAZU

Author:CWKAZU
カナルワークスイヤホン工房ブログへようこそ!
このブログではホームページよりタイムリーに(たぶんw)、ディープにカナルワークスカスタムイヤホンの開発現場から最新の情報をお届けしていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カナルワークスについて
10080909.jpg 10080910.jpg カナルワークスは100%オーダーメイドのイヤホンを製作、販売する日本発のメーカーです。イン・イヤー・モニターとか、イヤモニとかカスタムイヤホンとか呼んだりもします。よく音楽番組でアーティストの方が耳につけているアレですね。 実はそのままiPodなどの音楽プレーヤーやケータイに接続することが出来、普通の市販イヤホンとは比較にならない位良い音で音楽を楽しむことが出来ます。
イヤホンってなかなか耳にしっくり合わなかったり音もイマイチだったりであまり多くを期待しない方がいらっしゃると思いますが、こんな商品があるんだということを知っていただけたら幸いです。カナルワークスホームページへ

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる